芸能界には2世タレント、3世タレントが多く存在します。

生まれた時からその世界に近いところにいれば、そのまま芸能界に入る子どもが多いのも当たり前かもしれません。

しかし、中には親の七光りで、素行もあまり良いとは言えない二世タレントも多くいます。

若山騎一郎さんは大物俳優の若山富三郎さんの息子ですが、いろいろ問題を起こし、現在ではテレビや映画でほとんど見かけません。

今はどんな生活をしているのでしょうか。

プロフィール

名前:若山騎一郎

本名:藤原 敏章

職業:俳優

生年:1964年11月30日

出身:東京

所属;若山プロダクション

若山騎一郎さんは、父は大物俳優の若山富三郎さん、母は宝塚歌劇団卒業生で映画女優に転進した藤原礼子さん(大和七海路)の間に生まれました。

祖父は長唄三味線の杵屋勝東治さん、叔父には勝新太郎さんという芸能人一家です。

しかし両親は1965年に離婚し、騎一郎さんは母親に引き取られ育ちました。

高校卒業後、騎一郎さんは、千葉真一さんが主宰する「ジャパンアクションクラブ」に入団し、20歳の時、父親の内弟子となり、3年後に独立します。

代表作はテレビ東京で2001年から放送された高嶋政宏さん主演の「山岳救助隊シリーズ」などがあります。

また1999年からは、父の若山富三郎さんの半生を描いた舞台『銀幕愚連隊〜若山富三郎物語』の座長を務めています。

騎一郎さんは、主演俳優というよりは、テレビドラマの時代劇などでわき役を務めることが多かったようです。

嫁との関係

2010年には仁美凌さんとの交際が発覚します。

仁美さんは、大物俳優・上原謙さんの娘で、異母兄には加山雄三さんがいます。

その2年後の2012年に2人は結婚。

大物二世同士の結婚ということで、かなり話題になりました。

しかしその半年後、2人はスピード離婚してしまいました。

原因は騎一郎さんのDVだったとの噂があります。

結婚前から仁美さんに対してのDVはあったようなのですが、結婚後、これがエスカレートしてしまったとか。

また、結婚してすぐにも騎一郎さんの浮気疑惑があり、仁美さんが家を出たという話もありました。

しかし後日、この件を仁美さんは否定しています。

そして1年後の2013年、騎一郎さんと仁美さんは復縁し、再婚

再び世間を驚かせました。

勢いあまっての離婚だったのかと思いきや、2013年、夫婦そろって薬物所持の容疑で逮捕されます。

南麻布にあった2人の自宅から微量の覚せい剤を所持していたとして、覚せい剤取締法違反で逮捕。

結局、復縁の理由には覚せい剤というつながりがあったからだと、世間の噂になったようです。

その後、騎一郎さんは贖罪の気持ちから、福島原発の除染作業を志願したそうですが、たった1日しか持たず、帰ってきてしまったという、ヘタレエピソードがあります。

この騎一郎さんの行動にあきれた仁美さんは、二度目の離婚を決めたという話もあります。

この覚せい剤所持が発覚したのには、騎一郎さんの元交際相手が関わっているのではないかとも言われています。

騎一郎さんは昔交際していた相手と離婚後よりを戻し、結婚の約束をしたそうなのですが、結局仁美さんとの再婚を決めてしまい、ショックを受けた元交際相手が、この件をリークしたのではないかと言われます。

父親の若山富三郎さんも、女性関係が派手だったと言われているそうですが、騎一郎さんにもその遺伝子が引き継がれているのかもしれませんね。

現在、何してる?

逮捕後は仕事がまったくなくなってしまった騎一郎さん。

当時の主な収入はアルバイトだったそうです。

なんと六本木のパブラウンジでアルバイトをして生計を立てていたとのことでした。

住まいも職場近くのワンルームに細々とくらしていたとか。

華やかな芸能人一家に生まれ育ったとは思えない生活ぶりですね。

2017年に、騎一郎さんは一般女性と結婚しました。

この女性はテレビ制作会社勤務を経て、クラブ歌手として働いていた方だそうです。

騎一郎さんによると、有罪判決を受けた後、自分の周りから多くの人が離れていく中で、彼女は変わらず自分と接してくれたそうです。

騎一郎さんは、2015年に、再び父の半生を描いた舞台を再演し、復帰したそうです。

この時も現在の奥さんがいろいろと助けてくれたと言います。

しかし、現状はなかなか厳しく、公演は満席には至らなかったそうです。

復帰とはいえ、世間は簡単に許してはくれないようですね。

二世タレントとして、生まれた時から芸能界という世界を肌で感じていた騎一郎さんですが、親の七光りだけでは通用する世界ではなかったようです。

今後は、心を入れ替えて奥さんを大切にして、芸に精進していってほしいものですね。

応援してくれるファンの方たちを裏切らないように、努力してもらいたいと思います。