最初に結論!優香さんと旦那・青木崇高との現在の関係は、交際当時と変わらずラブラブなようです。

元グラビアアイドルとして人気を博し、さらに、元祖”癒し系”としてのキャラクターでマルチタレントとして幅広く活躍していた優香

結婚してからというもの、露出が減少してしまった様子の彼女。

現在、旦那との関係とは…。

プロフィール

優香(ユウカ)女優・タレント。

1980年6月27日生まれ、東京都出身。

O型。

1997年、池袋駅近くのピーダッシュパルコ前でスカウトされた。

デビュー当初は、ホリプロ初のグラビアアイドルとして話題となった。

デビューから各種雑誌の表紙などを席巻し、グラビアクイーンとして人気者になる。

優香の成功により、イエローキャブの全盛期であったグラドル界に新風が吹き込み、これをきっかけとして他の芸能事務所もグラビアアイドルを育てる流れが生まれた。

ホリプロも、優香の妹分として翌年に堀越のりをデビューさせるなど攻勢を続け、積極的にグラビアアイドルを売り出すようになった。

1998年、当時のホリプロ所属のアイドル達で「HiP」というユニットを結成。

優香は初代メンバーとして参加し、後に2代目リーダーとなった。

また、同年にマツモトキヨシで初CM。

1999年、秋にはジョージアのCMで飯島直子と共演し、ブレイク。

この頃「癒し系」という言葉が浸透し、癒しブームの先駆けと言われている。

これがターニングポイントとなり、以降はテレビのバラエティ番組やCM中心の仕事にシフトチェンジしていった。

そして他のグラビアアイドルもこれを追うようにCMに進出していく流れが生まれた。

清楚な美しさと快活なキャラクター、抜群のプロポーションを兼ね備えあらゆるフィールドで活躍を続けるマルチタレント。

元祖“癒し系”。

芸名は、インターネットと雑誌で公募。

約1万7000件のアクセス及びハガキの中から選ばれた。

旦那・青木崇高との関係

2016年に、俳優の青木崇高さんと結婚された優香さん。

それを機に、以前より露出が減少、あえて家庭を第一に考えられ、仕事を減らしているのかもしれません。

そして、優香さんの結婚には、特に30代~40代世代の男性ファンが多く悲しんだようですが、これまで癒されてきた人や優香さんの笑顔に支えられてきた人は、優香さんが幸せになることにより、さらなる笑顔が見られるのが嬉しくもあります。

優香さんと青木崇高さんの馴れ初めは、ドラマでの共演のようです。

2人は数年前に一度共演した事があり、そして2016年に再びNHK木曜時代劇『ちかえもん』で共演する事になったようです。

「旦那さんは、私なんかにもったいないと心から思うぐらい素敵な人。思いやりが深くて人にちゃんと感謝できる人、人として尊敬できるところ。男性だけど親友になれそうな信頼感もあります」とこのように優香さんは、青木崇高さんのことを語っています。

そして結婚に至った経緯は、青木崇高さんの猛プッシュだったようです。

ドラマの打ち上げ時、一部のスタッフに“優香さんと付き合っています!”と青木さんは打ち明けていたそうで、青木さんが優香さんにゾッコンの様子で幸せオーラ全開だったそう。

このことから、青木さんの駆け引き無しの一途な想いが優香さんの心を動かしたようです。

現在の姿

青木崇高さんと優香さんはスピード結婚だったため、もしかしたら…”おめでた結婚”かと思われましたが、妊娠しておらず、現在も2人に子供はいません

そして現在、優香さんが仕事をセーブしているのも、妊活している可能性もあるかもしれません。

しかし確実な情報はないので、その真相はわかりません。

以前よりは露出が減少したように思える優香さんですが、女優の仕事はされています

2018年、公開された映画「羊の木」に出演されていて、元殺人犯の色気のある介護士役。

いつもの屈託のない優香さんのイメージとは違い、意味深な役どころです。

ストーリーも、全体的に重めという感じですが、ラストには予想もできなかった衝撃があり、このように優香さんは女優業に専念している様子。

さらにこれからは、こういった役も増えていくのかもしれませんね。

そして春の新ドラマ「記憶」にも、出演されていて中井貴一さんの妻役の優香さん。

結婚後は、タレントではなくしっかり女優業をこなしています。

グラビアからバラエティ、ドラマ、CMとマルチに活躍してきた優香さん。

そしてマルチタレントとして、大活躍されていた彼女ですが、結婚を機にバラエティへの出演を控え女優へと移行していっているのかもしれませんね。

さらに、結婚されても、まだしばらく優香さんのスマイルが見られそうです。

今後は女優として、妻として、ますます美しい女性に磨きがかかっていきそうですね。