おバカタレントとしてブレイクし、アイドルユニット『羞恥心』でも有名になった上地雄輔

プロ野球選手の松坂大輔投手とは、高校時代野球部のチームメイトで、一緒にバッテリーを組んでいた経歴も。

そんな上地雄輔の現在とは…。

プロフィール

上地雄輔(カミジ ユウスケ)男優・タレント・アーティスト。

1979年4月18日生まれ、神奈川県横須賀市出身。

O型。

1999年、TBSの連続ドラマ『L×I×V×E』でデビュー。

2007年6月、『クイズ!ヘキサゴンII』でゲストとして出演した結果、ゲストとして初の最下位で珍解答を連発し、その後常連出演者となった。

同年8月には、つるの剛士・野久保直樹とともに「羞恥心」を結成し、2008年4月に歌手デビューを果たした。

2008年6月4日、自身のオフィシャルブログ『神児遊助』が「世界で最も1日の閲覧ユニークユーザー(重複しない人)数が多いブログ」(1日23万人観覧)としてギネス世界記録に認定された。

2009年3月、遊助名義でソロCDを発売。

横浜高校出身で、野球部に捕手として所属。

松坂大輔投手とはチームメイトで、一緒にバッテリーを組んでいた。

俳優、タレント活動の他、歌手としても活躍しアイドルユニット・羞恥心や、アラジンのメンバー。

プライベートでは…。

2015年8月、自身のコンサートで地元の同級生との婚姻届出を発表し、同日に自身の公式サイトやブログでも発表した。

2017年1月7日、第1子が誕生。

消えた理由

俳優やテレビだけではなく、歌手としても大活躍していた上地雄輔さん。

最近はテレビで見かけることも少なく、消えたと囁かれています。

その消えたと噂される理由とは、一体どんなことなのでしょうか。

クイズへキサゴンでブレークして、幅広い年齢からの支持を得て歌手としても、俳優としても順調にキャリアを重ね、その人気は不動のものになっていきました。

さらに、上地さんの性格が良いことは業界でもよく言われていて、芸能業界人が選ぶ“性格の良い芸能人”の第1位にも選ばれています。

しかし2011年8月、島田紳助さんが突然引退を表明したことで、上地さんに大きな転機が訪れます。

上地さんは自分を見出して、魅力を引き出してくれた島田さんには、とても恩義を感じており芸能界での父親として、慕っていました。

このことを知った上地さんは、島田さんの自宅に行き泣きながら引退の撤回を迫りますが、引退の決意を翻すことはできませんでした。

その後もブログなどで、島田さん擁護の発言を繰り返していました。

しかし、これに上地さんが出演していたCMのスポンサーや番組の制作サイドが危機感を抱きます。

島田さんの引退には、暴力団との交際という社会的に許されない側面があるので、それを擁護するような発言を繰り返すことを、見過ごすわけにはいきません。

このことにより上地さんの起用を、躊躇するようになってしまったのです。