かつては2か月先まで予約が一杯であるとされた、オーナーシェフの川越達也

「イケメンシェフ」としてバラエティやCMなどで、一時期は見ない日はないほどテレビ出演し一躍有名に。

そんな、川越シェフの現在は何をしているのでしょうか。

川越達也の経歴

川越達也(カワゴエ タツヤ)料理人、タレント。

1973年3月7日生まれ、宮崎県出身。

O型。

大阪あべの辻調理師専門学校にてフランス料理を専攻し卒業後、大阪・北新地のフランス料理店で働くしかし、バブル崩壊の影響で勤めて2年程で閉店。

そして、その店主の紹介で神戸の料理店へ転職しますが、そこで阪神・淡路大震災に遭い、店と住居が被災したことで上京し、東京のウィークリーマンションに住み喫茶店・飲食店でアルバイト経験をしていたといいます。

1998年、当時人気番組だった『TVチャンピオン イタリアンシェフ日本一決定戦』(テレビ東京系列)に出演しましたが、予選のパスタ対決で4人中最下位で、最初に脱落しています。

2000年、独立し創作イタリアン「ティアラ・K・リストランテ」を開店します。

2006年、「TATSUYA KAWAGOE」に改称し代官山へ移転、オーナーシェフを務めます。

2010年頃から、メディアに進出し、「イケメンシェフ」と言われたちまち人気シェフに。

自ら経営するイタリアンレストランも、2か月先まで予約が一杯なほど人気店になります。

2012年、「お米のおはなし/カレーライス学校」でCDデビュー。

さらに、EXILEのKEIJIとのコラボレーション商品「男が絶対よろこぶ 男(DAN)シチュー」「君と食べたい 女(JO)シチュー」を発売しています。

顔面崩壊の理由

プロフィールでもわかる通り、波瀾万丈の生活をしてきた川越達也さんですが、さらに2013年人気絶頂な時に、ある事件が起こります。

それは、プライベートで訪れた渋谷にあるカフェでの出来事。

窓ガラスに気づかず顔面を強打、眼鏡をかけていたこともあり眉と目の間を、16針縫う大怪我をしてしまったというのです。

大変な大怪我をしてしまった川越達也さんは、しばらくテレビ出演せず怪我のことを隠していました。

そして、この怪我が治ったころ自身がゲスト出演した番組で、このことを公表しました。

なぜすぐに公表せず隠していたのかというと、「前のように顔が戻るかどうかわからない」と医師に告げられていたことから、「好奇の目にさらされたくない」という気持ちとのことからでした。

さらにこの時期は、新規オープンさせたカフェで忙しく働いていたこともあり、メディア露出がめっきり減ったとのこと。

この番組では、自身の大怪我について「顔が取れたと思いました」と振りかえり、当時の写真も公開されましたが、右目の周りが紫にうっ血した姿には、スタジオからも悲鳴が上がるほどでした。

数カ月かかって腫れがやっと引いたと思ったら、今度は顔半分が黄色い「見たこともない色」になったため、半年ほどテレビ出演を避けていたと告白しました。

続きは次ページから!!