格闘家として知られる須藤元気さん

ボクシングやレスリングなど、様々な格闘技界の分野で活躍し、そのままでは収まらず、作家やタレント、書道などとにかく活動範囲が広い須藤さん。

そんな須藤さんですが、最近なんと刺されたとの噂が。

また、現在がヤバすぎると話題になっています。

プロフィール

名前:須藤元気(すどう げんき)

生年月日:1978年3月8日(40歳)

出身:東京都

経歴:

須藤さんは東京都生まれ。

関東第一高校時代にレスリングと出会い、レスリングを始めます。

1996年に拓殖大学に進学すると、当然のようにレスリングを続けるのですが、進学早々に全日本ジュニアオリンピック優勝を果たし、世界ジュニア選手権に出場した経歴を持っています。

また、このレスリングは後の格闘選手の基礎となっており、彼自身はグレコローマンスタイルが後に特徴となってきます。

拓殖短期大学を卒業した1998年に渡米。

ロサンゼルスのビバリーヒルズ柔術クラブに所属し、アメリカの格闘技大会に出場したりして経験を積みました。

そして、1999年の帰国後はパンクラスを主戦場としました。

また、凝った入場と格闘技の試合にプロレス技を繰り出すことで格闘技スタイルは当時とても斬新なものだったため、ファンの注目を集めました。

格闘技界で一躍有名になった彼ですが、活動の幅はこれだけではありませんでした。

その他にも映画俳優として映画に出演したり、なんと歌手デビューまで果たします。

そして、書道家としての頭角も表し、様々な書道展では入選をはたすほどの実力者。

とにかく芸能人という肩書きがここまで似合う人は他にいないだろうというほどの芸の持ち主であります。

2006年の大晦日に行われた格闘技の試合の後に突然の引退宣言。

ファンの度肝を抜かしましたが、当初からそういう演出は得意だった彼。

ファンをあっと驚かすのが好きだったのでしょう。

その翌年には一般女性と見事結婚しています。

格闘技を引退後は日本代表のレスリング監督に就任。

就任早々2010年11月12日、第36回内閣総理大臣杯 平成22年度全日本大学レスリング選手権大会にて、最優秀監督賞を受賞しました。

また、母校の拓殖大学のレスリング監督もやり出すと、全日本大学グレコローマン選手権にて拓殖大学を優勝に導きなんと、7回目の最優秀監督賞を受賞しました。

まさに持って産まれた才能です。

最近ではスキューバダイビングのライセンスを取得したり、ソムリエの資格を取得したりと、今現在でも己を高めています。

そんな須藤さんが刺されたとの噂が。

一体どういうことなのでしょう。

また、犯人は誰なのでしょうか?

「犯人に刺される!?」噂の真相

事件が起きたのは2003年の渋谷区の路上。

突然の道で次々と通行人が刺される事件がありました。

なんと、その被害者の中に須藤元気さんの姿があったそうなのです。

犯人はミニバイクで逃走したそう。

須藤さんは脇腹を刺されたそうで、当時は死亡説も流れるほどでした。

しかし、現実には命に別状は無かったそうです。

気になる犯人ですが、その後捕まっており、当時暴走族に袋叩きにあったそうで、その仕返しに刺したとのこと。

結局は人違いだったようで、かなり反省しているようです。

現在の姿

さて、そんな須藤さんですが、現在はどのような活動をされているのでしょうか。

格闘技から引退後はそこまで表舞台に立っていない彼ですが、現在どうやら「WORLD ORDER」というダンスユニットとして活動しているようです。

須藤さんはTwitterを開設しており、その様子を伺うことができました。

また、書道も変わらず活動されているようです。

そして面白いのが、なんと須藤さんは英語の教材も発売されています。

英語に詳しいとは驚きですね。

また、どれだけ幅が広いのかと感心してしまいます。

レスリングも相変わらずのようですね。

一時は差されて死亡説まで出ていた須藤さんですが、持ち前の幅広い特技で様々な分野で今も変わらず活躍されています。

とても多忙な毎日を送られているようですが、見ていて飽きない程の活動の幅の広さに、ずっと応援したくなりますよね。

これからも須藤さんが元気で活動してくれるのを願います。