芦田愛菜に憧れ5歳の時から子役として芸能活動を開始し、2013年には大河ドラマ「八重の桜」に出演し注目を集めた鈴木梨央

今現在もCMで活躍中、2017年4月に中学1年生になった彼女は、どのように成長したのでしょうか。

プロフィール

鈴木梨央(スズキ リオ)子役、タレント、歌手。

2005年2月10日生まれ、埼玉県出身。

A型。

2010年、5歳の時から芸能活動を開始。

芸能活動を始めたきっかけは、テレビドラマ『Mother』を観て「芦田愛菜ちゃんみたいになりたい」と思い、芦田が所属するジョビィキッズプロダクションのオーディションを受けたことである。

2012年、テレビドラマ『カエルの王女さま』で子役としてデビューする。

2013年1月、NHK大河ドラマ『八重の桜』に出演し、綾瀬はるか演じる主人公・八重の幼少期を演じて注目を集める。

同年4月、NHKの東日本大震災復興応援プロジェクト「NHK東日本大震災プロジェクト」のテーマ曲『親と子の「花は咲く」』でavex traxより歌手デビュー。

同年7月には『Mother』と同スタッフ制作による水曜ドラマ『Woman』で満島ひかりの娘役を好演し、注目の子役として脚光を浴びる。

2014年1月、芦田愛菜主演の『明日、ママがいない』に出演、人気子役同士のドラマ初共演が話題を呼ぶ。

同年9月には、初めて自分の著書『鈴木梨央のおしゃれアレンジBOOK』を出版した。

また、KDDI「auスマートバリュー」のCMにおとくちゃん役で出演。

2015年からは、大塚製薬『ポカリスエット』のCMに子役として初めて起用され吉田羊と母娘役を演じ、話題を集めている。

入学した中学校はどこ?

子役で活躍していた鈴木梨央さんも、2017年春から中学に進学しました。

どちらの中学校に進学したのでしょうか?

調べてみたところ…一番多かった情報は、埼玉県の「川口市立神根中学校」です。

しかし残念ながら、当然公式では公表していません

あくまでも噂ですが、川口市立神根中学校は、埼玉県川口市石神にある公立中学校とのこと。

鈴木梨央さんにはお姉さんがいて、そのお姉さんが川口市立神根中学校に通っているようで、そのため鈴木梨央さんも同じ中学に、進学したのではないかと言われています。

そして、鈴木梨央さんは入学当初「美術部に入りたい」と言っていたそうです。

中学生になってもCMなどで活躍している彼女、相変わらず仕事も忙しそうですが、学業と上手く両立して欲しいと思います。

ちなみに、鈴木梨央さんと同い年の子役がたくさんいます。

芦田愛菜さん、鈴木福さん、本田望結さん、谷花音さん、小林星蘭さんなど、こうしてみると錚々たるメンバーですよね。

現在の姿

中学生になった鈴木梨央さんですが、身長や体重などはどれくらい変化したのでしょうか。

2016年11歳の身長・体重は、身長138cm、体重は推定35kg前半との情報があり、2017年の身長・体重を調べてみましたが、情報は見つかりませんでした。

しかし、画像から予想される身長と体重がありました。

身長147cm~150cm、体重30kg後半くらいとのこと。

公式では非公開なので、あくまでネット上の予想です。

こちらは、2017年5月23日放送の番組に鈴木梨央さんが出演していた時のもので、隣に並んでいるウエンツ瑛士さんの身長は170cm。

鈴木梨央さんとは頭1個分くらいの差があるように見え、頭1個分が約20cmとして、彼女は高さのある靴を履いていたとして3cmくらいまで、そこでウエンツ瑛士さんとは約20cm~23cmほどの差。

ということは、鈴木梨央さんの身長は147cm~150cmくらいと予想です。

そして現在(2018年)も、あまり変化はしていなさそうなので現在の身長は150cmほどではないかと思います。

13歳女子の平均身長が153cmなので、彼女は少し低めのようですね。

そして画像を見てわかるように、すごくスリムです。

そのことから体重は、30kg後半だと思います。

子役タレントとして活躍した鈴木梨央さんも、現在中学生になりました。

ドラマ「崖っぷちホテル」の第1話にゲスト出演し、一段と大人っぽくなった彼女。

数年に渡り出演しているポカリスウェットのCMでも活躍中です。

学業の方も忙しくなり、仕事との両立が難しくなってくると思いますが、大人の女性へと成長していく彼女、今後の活躍が益々注目ですね。