2011年のドラマ『名前をなくした女神』(フジテレビ系列)でずば抜けた可愛らしいルックスと大人顔負けの演技力が評価され一気に知名度を上げた人気子役の谷花音ちゃん

当時は7歳だった花音ちゃんも現在は13歳。

しかし、以前ほどメディアで姿を見ることがなくなってしまいました。

中学生になった花音ちゃんの現在の姿は?激太り説や劣化した!?という噂の真相についても追ってみました!

プロフィール

2004年埼玉県生まれで現在13歳、4月からは中学2年生になる谷花音ちゃん。

同い年には天才と名高い芦田愛菜ちゃん、本田望結ちゃん、鈴木梨央ちゃん、小林星蘭ちゃん、鈴木福君といった有名な子役たちが数多く活躍されていますが、その中でも日本人離れしたお人形のような顔立ちと高い演技力は群を抜いていて大人っぽさでは随一だと称されています。

「ハーフなんじゃないの?」と聞かれることが多いようなのですが、実はお父さんもお母さんも日本人で花音ちゃん自身も純日本人なのだとか。

お父さんはメディアに全く出たことはないようですが、確かにお母さんは日本人のようですね。

イケイケなお母さんも5歳年下とされている妹の花厘ちゃんもとても可愛いですよね。

ちなみに花音ちゃんと花厘ちゃんはお互いのことを「のんちゃん」、「りんちゃん」と呼びあっていて二人はとても仲がいいそうです。

可愛い二人姉妹の仲睦まじい様子は本当に癒されますよね。

花音ちゃんが芸能界に入ったのは3歳のときで、そのきっかけはお母さんの勧めがあったからなのだとか。「幼稚園に入れず、この先の1年間をどうしようか…」と困っていたときに現在の所属事務所であるテアトルアカデミーに応募したところ見事合格。

翌年から芸能活動を始めたのだと言われています。

3歳から始めたということですから、すでに芸歴は10年!

もうベテランの域ですね!

ドラマデビューはオダギリジョーさん、長澤まさみさん主演のドラマ『ぼくの妹』(TBS系列)でその後も2011年7月期のドラマ『全力ガール』(フジテレビ系列)などの話題作に数多く出演。

また、カルビーかっぱえびせんやニチイ学館COCO塾ジュニア、フィットちゃんランドセルといった大手企業のCMへの露出も多く、契約した企業は26社にものぼるなどその人気の高さがうかがえます。

2013年には自身のツイッターとされるアカウントで芸能活動を一時休止することを発表していますが、昨年はドラマや映画、吹き替えの仕事をいくつかこなしているため、出演数は減ったものの芸能活動は細々と続けているようです。

続きは次ページから!!