1970年代に活躍した日本の伝説的歌姫、山口百恵

1980年10月に人気絶頂で惜しまれつつも引退。

俳優の三浦友和と結婚し、長男でシンガーソングライターの三浦祐太朗と次男で俳優の三浦貴大が息子にいます。

プロフィール

山口百恵(ヤマグチ モモエ)元歌手・女優。

1959年1月17日生まれ、A型。

配偶者は俳優の三浦友和。

長男はシンガーソングライター・俳優・歌手の三浦祐太朗。

次男は俳優の三浦貴大。

1972年12月、オーディション番組『スター誕生!』で、牧葉ユミの「回転木馬」を歌い準優勝、20社から指名を受ける。

同番組への出演応募のきっかけは、同い年の森昌子がテレビで活躍しているのを見て「自分も森昌子さんのようになりたい」と思ったこと。

同番組では、審査員の阿久悠から「あなたは青春ドラマの妹役なら良いけれど歌手は諦めた方が良い」と言われる。

1973年、シングル「としごろ」で歌手デビュー。

森昌子・桜田淳子と共に「花の中三トリオ」と呼ばれた。

デビューのキャッチコピーは「大きなソニー、大きな新人」。

以降「横須賀ストーリー」、「プレイバックPart2」など、数多くのヒット曲を放つ。

また映画やドラマでも数々の名作を残し、女優としても活躍。

1980年10月に人気絶頂で惜しまれつつも引退し、俳優・三浦友和と結婚。

続きは次ページから!!