オーストラリアでの史上最年少記録となる15歳でオーストラリア水泳男子代表となり、金メダル通算5個獲得の伝説のスイマー、イアン・ソープ

そんな彼は、うつ病やアルコール依存症で死亡したとも噂されていますが、その真相とは…。

また、現在の姿についても迫っていきます。

プロフィール

イアン・ジェイムズ・ソープ(Ian James Thorpe)男性競泳選手。

1982年10月13日生まれ。

生誕地は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州・シドニー。

魚雷を意味するtorpedo(トーピード)をもじったThorpedo(ソーピード)の愛称を持つ。

オリンピックで5つの金メダルを獲得し、メダル受賞数はオーストラリア人選手として最多である。

オーストラリアでの史上最年少記録となる15歳でオーストラリア水泳男子代表となり、1998年のパース大会の400メートルでの金メダルは、自由形として水泳男子の金メダルの最年少記録となっている。

2001年世界水泳では、6つの金メダルを獲得。

通算で11の世界水泳での金メダルを獲得。

2006年11月、意欲の減退を理由に現役を引退したが、2011年2月に現役復帰を表明。

ロンドンオリンピック出場を目指すことになった。

2006年の引退前に得意としていた400メートル自由形ではなく、100メートル・200メートル自由形やリレーに力を入れるとした。

だが2012年3月の予選で敗退し、出場はならなかった。

2014年7月13日、ソープは出演したチャンネル10のテレビ番組で、自らが同性愛者であることを告白。

過去に同様の報道があった時や、自らの自伝では、同性愛者であることを否定していた。

また、うつ病に苦しんでいることも告白している。

死去説が流れた原因は?

イアンソープといえば、オーストラリアの男性水泳選手です。

最近では、アルコール依存症とうつ病で入院したという報道がされましたが、そんな中イアンソープについて調べていたところ…

”イアンソープ事故死”や”イアンソープ死亡” というキーワードが出てきました。

イアンソープが事故死…

一体、どういうことなのでしょうか。

イアンソープの死去説とは?

まず、結論から申しますと、イアンソープは亡くなっていません

死去説は、間違いだったことが判明しました。

どうやら事故死で亡くなったのは、ダーレオーエンという水泳選手の方で、なぜか間違えてイアンソープとしてしまったようです。

ちなみに、このダーレオーエンとイアンソープは水泳選手でさらに、顔も結構似ていたためにこのような間違いが起こってしまったとのこと

そして、イアンソープは、長年のプレッシャーやストーカーなどに悩まされ、うつ病になりさらにアルコール依存症になってしまったのです。

このことにより、しばらくメディアにも露出がなく、消えたとも言われこのようなことから、死去説が出てしまったのかもしれません

現在の姿

そんな死去説まで出てしまったイアンソープは、今も生きており、オーストラリア水泳界の「レジェンド」としての存在感を保っています。

リオ・オリンピックでも、前評判はよかったのに、実際のオリンピックではUSチームに完敗を喫しているオーストラリアチームの苦戦の原因について、アドバイスをしたりしています。

そして公式Twitterも元気に更新中です。

そして、2014年に自身が出演した番組内で、同性愛者であることを告白しています。

過去には同様の報道があり、自らの自伝では、同性愛者であることを否定していましたが、うつ病などを発症しカミングアウトすることで、今までのうつ病の原因とも言えるプレッシャーなどから、解放されたいと思ったのではないでしょうか。

そんなイアンソープは、2016年からモデルのライアン・チャニングと交際をスタートさせています。

2人はキス、ハグ、手を繋いだり、終始ラブラブとのこと。

小柄に見えるチャニングですが、イアンソープが196cmの超高身長なためそのように見えてしまいますね。

これまで五輪で5個のメダル、世界選手権では計11個の金メダルを獲得した競泳界のレジェンド。

そんなスーパースターにもかかわらず、10代からうつ病に悩まされていたそうです。

そんな長年苦しめられてきたうつ病を2014年に治療を終え、その後、ゲイであることをカミングアウトしたイアンソープ。

カミングアウト後の第二の人生は、温かく見守りたいですね。