最初に結論!城島健司さんは現在、地元の長崎県に拠点を持っていて釣り番組やゴルフ番組に出演するなど、タレントとしての収入が主なようです。

元プロ野球選手で打てるキャッチャーとして大活躍後、メジャーリーグに舞台を移しマリナーズで、レギュラーキャッチャーとして活躍した城島健司

現在は、趣味の釣りとゴルフに入れ込む毎日。

そして住まいや収入、さらに嫁との関係も…。

プロフィール

城島 健司(じょうじま けんじ)元プロ野球選手・釣り師・タレント。

1976年6月8日生まれ、長崎県出身。

巨人入りを見据えて東都大学リーグで力をつけることに決め、いち早く獲得に動いた駒澤大学への推薦入学を取りつけた。

さらにプロ入り拒否を表明したため、スカウト陣が二度目に訪問したときにはもう会えなくなっていた。

しかしそれ以前にはプロ入りを希望していたことや、巨人・西武ライオンズ・福岡ダイエーホークスの3球団を志望しているものの逆指名できない高校生であることから、本心は進学ではなくプロ入りだと読んだダイエーの根本陸夫らは1994年のドラフト会議の前日、1位での強行指名を宣言。

アマ球界との摩擦を恐れたコミッショナー事務局が警告したものの、ダイエーは宣言通り1位指名した。

城島本人も憧れの人物である王がダイエーの次期監督に内定していることを知り、その後監督に就任した王から要請されたことでダイエー入りを決めた。

この件をきっかけに、プロ入り拒否の選手はドラフト会議で指名できないというルールが定められた。

1995年、首脳陣の方針により二軍スタートだったが、5月31日の対オリックス・ブルーウェーブ9回戦(福岡ドーム)で代打として一軍初出場。

2005年11月22日、3年1,650万ドルでシアトル・マリナーズと契約。

2009年11月13日、阪神が入団を発表。年俸4億円+出来高払いの4年契約で、背番号は「2」。

2012年、引退。

プライベートでは…。

2000年11月27日、CMタレントの大藤真紀と結婚。

嫁との関係

城島さんは1997年に、現在妻の大藤真紀さんと共演をしたことがきっかけで、交際を開始しました。

当時、大藤さんは地元福岡でタレントとして活動しており、博多華丸大吉さんがMCの番組でアシスタントを一年務めていたり、「九州のCM女王」と異名がつくほど地元では大活躍していたそうです。

その後、城島さんと結婚を機に芸能界を引退し、全面サポートする事を決意。

2001年に長男、2003年に長女、2006年に次女を出産されています。

さて、そんなお二人は付き合っている時からオープンにしており、結婚後も夫婦仲の良さが有名。

そんな城島夫妻に、現在離婚説が流れているそうです。

お子さんも三人いますし、離婚されてしまったのでしょうか。

調べてみましたが…離婚した事実は全くなく、デマだった事がわかりました。

現役引退後、今まで夫婦仲が良いと有名だった夫婦が離婚されることも多いようで、城島さんは野球界から一戦を引き自由に生きている様子、そんな夫に嫌気がさしたのかと思っていましたが全くの噂だったようですね。

自身の好きなことをしながら生きている城島さんに、一部の人間が妬みを持っていることにより、このような噂を流したのではないでしょうか。

続きは次ページから!!