最初に結論!緒形直人さんは現在、認知症にはなっていないようです。

1990年代は、主演ドラマや映画が多く活躍していした緒形直人

最近出演が減った様子でそのせいか、芸能界を”干された”とも囁かれています。

その理由とは?

さらに、現在認知症との噂もあります。

その真相とは…?

プロフィール

緒形直人(オガタ ナオト)俳優。

1967年9月22日生まれ、神奈川県出身。

O型。

オフィスコバック所属。

父は俳優の緒形拳、母は女優の高倉典江、兄は俳優の緒形幹太、妻は女優の仙道敦子、長男は俳優の緒形敦。

1987年、青年座研究所に入所。

1988年7月、映画『優駿』でデビュー。

同年、『第12回日本アカデミー賞』新人俳優賞優秀賞を受賞する。

1989年に青年座へ入団。

『予備校ブギ』『北の国から’89 帰郷』大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』『北の国から’92 巣立ち』『100億の男』などの連続ドラマに出演するほか、TBSのドキュメンタリー番組『世界遺産』のナレーションも務めた。

2007年、出演の映画『北辰斜にさすところ』では、40歳にして旧制高校生の役を見事に演じきっている。

最近ではフジテレビのミニ番組『馬と翔る日』などのナレーションを務めている。

2005年、青年座を退団し、現在は劇団の先輩であった西田敏行が所属する、芸能事務所オフィスコバックに所属。

続きは次ページから!!